朝日新聞のせいで、国連人権委員会の調査内容がいい加減だったことまで一緒にバレちゃったんですよ!人権委員会に報告書を提出したクマラスワミさんには、彼女が死んでも消せない汚点が歴史上に残っちゃったじゃないですか!


»73
読んでたら、日本のマスゴミ記者なんかより、ケントのほうがよっぽど大問題のありかを
正確に嗅ぎあててワロスwww
わたしなんかでも、真っ先にこれ思ったのにマスゴミぜんぜん言及しなくて無視で、
人権委が日本へヘイトスピーチ認定とかの記事載せだしたから、何言ってんだと思ったわよ
ヘイトスピーチ認定を大ごとに見せかけるために意図的に緘口令を敷いたと思うわ
本来、朝日問題の後、日本政府と日本マスゴミは、まっさきに人権委へ謝罪と訂正を
要求しなきゃいけないのよ
これ外交的にもものすごく重要なことよ


人権委が、朝日の記事をろくに事実確認もせずにリポートつくって、特定の国の威信を大きく傷つけたって言うのは、あそこが下手したら解体される国際的大スキャンダルよ?
他の事案への信頼性も大きく揺らいでしまうわ
最初から、あれでは機能しないって言われてた問題組織なんだし


日本のマスゴミは、これを世界に向けて発信しないで、なにを発信するんだって話よ
普通の国の普通のマスゴミならね


76 :陽気な名無しさん:2014/08/24(日) 18:49:08.12 ID:VWs/VQze0.net
つっか中韓の言いように動かせて、ウソを元に勧告してくる人権委なんて百害あって一理なしよ
早急に潰して再構築すべきね
そもそも国内に大きな人権問題抱えてる国が
大量に委員になってればこうなるのは当然なんだし
日本は国連に参加する義務として
解体の契機を与えてあげるべきね
世界のためにそうしなきゃいけないわ

夏の工事現場はきつい。
特に、閉め切られた場所での作業は殺人的だ。
容赦なく男達の身体を搾る。
しかしそれと引き換えに、どの男も精悍な顔つきとなる。
たまに魂ぬかれたような顔しているヤツもいるが、そういう男はケガが多い。
オレは10数年工事現場にいた。
どの夏も激しく暑かった。
だが、一年の内に、夏を通らなければ、その年の男としての根性の量のような物

が欠けるような気もしていた。


汗の量がものすごい。
作業着がグッショリだ。ほとんどの連中が昼時にTシャツを着替える。
外食じゃなく、現場の弁当を食う時、必ず500mlのお茶を必ず2本買った。
1本はふつうに、もう1本は弁当食う前にいつも一気した。
これほどの汗の量がでる夏の工事現場だったが、この時期にしかない最高の快

感があった。


「よし、やろう」
オレのかけ声で午後3時の一服が終わる。
みんな立ち上がってジュースを飲み干し、持ち場に戻っていく。
そこからなのさ、そこからが、大事だゼ。
最高の快感へ向かって、段取り八分が始まる。
その後オレは、家に着くまで一切水分をとらない。
なぜ!?なぜってわかるじゃんかよ。
うまいビールを飲むためさ。


日も暮れかかった7時頃、家の前にバイクでギュギュンと到着。
鍵を突っ込み扉を開けブーツを脱いで冷蔵庫の扉を開ける。
そして冷やしてある缶ビールを!
どうするかって?
冷凍庫に入れ換えるのさ。
そしてどうするよ。
さっぱりするさ。シャワーを浴びる。
肩にバスタオルで出てくると、そこで冷凍庫を「ガチャ」さ。
さっき入れた缶ビールを取り出す。
それと一緒に、朝から入れてあるグラスも取り出す。
こっちの方は氷のようにカチンコチンだ。
そして缶ビールを「ブシュ」と開けたらもう大変、のどカラッカラが最高潮だ。
グッとこらえながら、右手、左手で肩をいからせ、缶ビールをグラスに
ゆっくり傾ける。
氷になる直前のビールが、ゆっくりグラスに流れていった。
トロトロだ。泡はわずかに薄く1ミリくらい。
凍っていたグラスは、サーっと表面が透けてくる。
それにゆっくり口をつけると、次の瞬間、一気に胃の中に流し込む。
「ウオー!」
そこで当然、こぶしが天井に向かって高くあがる。
脳天直撃のこのうまさ。
これは人間が感じる事のできる最高の快感の一つに違いない。
「はあ~」と一息つくと、いつも思った。


夏の現場は激しく暑かったが、あのニトロのようなビールは、激しくうまかった。

直木賞作家で在日韓国人でもあった故つかこうへい氏は平成9年、自身で慰安婦問題を取材して分かった慰安婦像について筆者にこう語っていた。「鎖につながれて殴られたり蹴られたりして犯される奴隷的な存在と思っていたけど、実態は違った。 将校に恋をして貢いだり、休日に一緒に映画や喫茶店に行ったりという人間的な付き合いもあった。

不勉強だったが、僕はマスコミで独り歩きしているイメージに洗脳されていた」

 つか氏の著書「娘に語る祖国 満州駅伝-従軍慰安婦編」(光文社)にも、娘に向けたこんな率直なセリフが出てくる。

 「パパはいろんな人に取材したんだけど、従軍慰安婦の人たちは必ずしも悲惨じゃなかったんだ」

 朝日は自らに施した洗脳を解き、もう少し慰安婦問題の本質を直視してはどうか。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140821/plc14082111560004-n3.htm

- 在日韓国人 「慰安婦は性奴隷で鬼畜輪姦レイプされたと思ってたのに、調べみたら売春婦だったニダ・・・」
now2chblog.blog55.fc2.com/blog-entry-15574.html (via worldwalker2)

(highlandvalleyから)

highlandvalley:

実はぼのぼのコラボ、ぼのぼの作者のいがらしみきおさんが描いたグル~ミ~も開発中。本家ぼのぼのと並べるといいかんじに溶け込む面構えです。 http://t.co/ckdPS8hDaE

oupacademic:

On the Shelves in Oxford this week we have essential guides for anyone working with the written word, whether on paper or in electronic form. New Hart’s Rules, New Oxford Dictionary for Writers and Editors and New Oxford Spelling Dictionary have arrived on the shelves to help writers - now there’s no excuse for mistakes!

おんなじ内容のことを言うにしても、
 「こんなふうに悪くとる人がいるだろうから」と、
 慎重に慎重に限りなく注意深く言おうとしたら、
 言えることはほんとに少なくなってしまいます。
 逆に、「わかってくれる人がきっといるはずだ」と、
 楽天的に文章を書いたら、多少の違和感があるにしても、
 きっとその人らしいなにか人の心に響くようなことが
 言えるんじゃないでしょうか。
 
 あらゆる失礼を省みずに好き放題でものを言う、
 というのではないですけれどね、
 ある程度楽天的に、
 「自分を受け入れてくれる人がいる」
 と信じて、なにかを表現することが、
 とても大事なんだよなぁと、思います。

「農業がもうからないのは、必ずしも農家の能力が低いからではない」。そう彼は強調したいのだ。

 もう少し、彼の言い分を聞いてみよう。「なぜ農業はもうからないのか」。この問いに対する答えも単純。「経費は高くなったのに、農産物の値段が安いから。かつては1000万円の売り上げのうち経費が200万円だったが、いまは経費が800万円。収入はその分、減った」。

 この言葉の意味は簡単に確かめることができた。総務省の発表する消費者物価指数(2010年=100)によると、2000年1月から今年6月までで、ニンジンの指数が60台に落ちた月が10カ月、70台が24カ月、80台が51カ月、90台が34カ月ある。

 これに対し、消費者物価全体では、90台の月が32カ月あるだけで、80台以下の月はない。しかも、この90台の月も、すべて99以上。デフレの時代と言っても物価全体ではほぼ横ばいだったわけで、ニンジンの値段がいかに「負け」だったかが分かる。

 もちろん昔もいまも、収量が天候に大きく左右される農産物に、値段の乱高下はつきものだ。1990年代をみても、ニンジンの指数が60~70台に落ちることはそう珍しくなかった。

 問題は高値のほうだ。そのころは指数が140台や150台に急騰することもたびたびあった。だが、2000年を過ぎると、高くても2010年8月の131。上値は重く、下にはすとんと落ちる。それが最近の傾向なのだ。

TLで拝見した、足にワセリンを塗っておくと靴擦れしないというのが驚異の効きっぷりで打ち震えています。百発百中靴擦れする靴を履いてたのに!脳内を駆け巡る「抜本的解決」の五文字!

highlandvalley:

Twitter / yagiyyyy: 工場研修の生産性のなさに嫌気が差してきたので「ボ」「ン」「 …
© 2014 マウス君 / Powered by Tumblr

Theme by Michigonn.
This theme is inspired by Rubber Cement, Sunrise and BlueDots. Thanks!